Posted on

ED症状を経験しているのは日本全国で2000万人ほどいると推定されています

ED症状を経験しているのは日本全国で2000万人ほどいると推定されています。

ペニスが勃起しない・・・そう考えるだけで恐ろしいですが決して珍しくはなく成人男性の1/4はED患者や予備軍だと言われています。

症状そのものも辛いのですが精神的にも自己嫌悪に陥ってしまうとメンタル的にも不調になったりして他の神経疾患になるリスクもあります。
「自分だけがこんな風になっているんじゃないか?」と疎外感に苛まれることもあるでしょう。

実際のところ毎年のようにED患者とその予備軍は増加の一途であるというデータがあります。

二十歳代の若年層でも勃起不全・勃起障害はストレスや生活習慣病で見られるのです。
私の場合は32歳の時にED症状を経験しました。

インターネットで探して男性専門のクリニックへすぐに相談しました。

専門医は「そんなに特殊な病気ではないので心配いらないよ!」と力強くカウンセリングしてくれたのです。
今はいろいろなED治療薬が充実しているので改善できる道はとても広がっています。

ED症状といっても個人個人のレベルはひとりひとり違うのです。

共通して言えるのは<不安感を蓄積してしまうとさらにストレスになって重症化すること>です。
即効性があるレビトラを服用すれば15分ほどで勃起状態になるようで、これならいろいろなSEXシーンにも対応できるでしょう。

キチンと専門家と相談するのが一番安心できて納得できるだと思います。

放置せずにキチンとケアするようにしましょう。

Posted on

勃起不全は男性も女性も相互の悩み

勃起不全は男性も女性も相互の悩みですがベストチョイスはレビトラでしょう。

日本人男性では軽度の症状を含むと2000万人程度のED患者がいると推定されています。

その中で実際に治療をされているのは10%で200万人です。

残りの人たちは勃起を諦めている人か、治療に踏み切れずに悶々としている男性たちです。
勃起しなくなった経験がない女性にとっては良く分からない病気なのでしょう。

しかしながら、ED治療をするためには奥さまや彼女の理解と支えになることは、とても大切な事になるのです。

女性にもしっかりと勉強をしていただいてEDの知識を持って頂きたいと思います。
EDの症状は様々で、例えば次のような状態があります。

「性的な刺激を与えても全くペニスが勃起しなく反応しない重症状態」とか「ペニスが勃起はするけれども、その状態が長く続かずにSEXの途中、膣内で中折れしてしまい射精に至らない比較的軽度な状態」です。
こういった症状を目の当たりにすると女性も勘違いをして傷ついたりする場合もあります。

「自分に女性としての魅力がなくなってしまったのだ」と感じてしまったり、「女性として愛されることがなくなったから勃起しないのだ」と思い込むことになります。

こういった精神的なすれ違いが悪くなるとふたりの関係が破綻することもあるでしょう。
ED患者の男性にとれば、こういった女性の態度は最もきつーいリアクションになります。

こういう態度をとられると、さらにEDに対するストレスを抱いてしまいEDは重症化してしまい泥沼化しちゃいます。

そうならないためにも男性側にも女性側にも相互理解が必要なのです。
男性に知識がなければ女性は男性専門クリニックや泌尿器科に相談に行くようにアドバイスしてあげるといいでしょう。

最近の医学は進んでいてレビトラなど優秀なED治療薬が揃っているので安心して治療できると思います。

Posted on

医薬品の効果は個人個人違うので注意が必要です

医薬品の効果は個人個人違うので注意が必要で、特に副作用がある薬の場合は薬剤師や医師としっかり相談すると良いでしょう。

「病気」や「怪我」をした場合に身体を治してくれるのが薬。

しかし人によって体質も違うし症状の違いによっては効き目に個人差がでてしまうのは否めません。

その人物には良く効く薬であっても、反面効果がない人もいます。

こういったことはクチコミ情報サイトで調べるときは頭においておきたいです。

あなたの体質に効果がある薬を服用することが必要だから薬剤師や医師など専門家の意見に耳を傾けるべきです。

軽い症状の場合は薬の効き目がなくても自然治癒する場合もあり、まさに「病は気から……」ですね。

少しでも早く症状が改善したいならば、あなたに合う医薬品を服用することが肝心です。

少し頭が痛い程度ならば市販の頭痛薬を飲んで終わりにする場合もあります。

風邪気味でもドラッグストアで購入して仕事をする人も少なくないです。

規制緩和によっていろいろな市販薬が手軽に入手できるようになりました。

医師による処方薬と成分が同じということで販売している医薬品もあります。

そしてインターネットでも薬の購入ができるようになったことも大きいです。

市販薬には第一類から第三類まで分類されており、副作用のあるリスクが大きい医薬品は簡単に購入できない仕組みになっています。

副作用は個人によっては生命の危険に瀕することもあります。

しかし購入する立場では不便に感じることもあるわけです。

同じ薬ならば簡単にネット購入したいと考えます。

問題なのはED治療薬など人気の医薬品は約50%が偽造品であるような事例も報告されいています。

信頼のできる通販サイトを選ぶことが肝心です。