EDの器質性原因と治療薬バイエル社のレビトラについて

EDの器質性原因と治療薬バイエル社のレビトラについてお話しよう。

EDは熟年男性に増えてきている勃起不全・勃起障害の症状の事を指す。

ペニスが中折れしたりするので、まともなセックスができず女性を絶頂させることはできない。
個人差があり勃起の維持レベルは異なる。

重症の場合は、ペニスがまったく無反応のこともある。

EDの主な原因は器質性が考えられる。

とりわけ血管にトラブルを抱えている男性に発現しやすいのだ。
ペニスが勃起するメカニズムを簡単に説明する。

まず脳が性的な刺激や興奮を感じて血管を通じて陰茎の海綿体に血液を流し込む。

そして勃起するのだが、血管にトラブルがあると血液の流れを阻害してしまう。

きちんと勃起できなくなるわけだ。
熟年世代になるとこういった症状が見られるようになる。

中高年の疾病で多いのが動脈硬化など生活習慣病が原因になる血液に異常があるものだ。

EDはそのひとつの症状である。
このEDを治療したい場合にお薦めしたいのがバイエル社のレビトラだ。

ファイザー社のバイアグラの次に研究開発されて発売されたED治療薬である。

バイアグラのウイークポイントを上手くカバーしているのが特徴だ。
特に即効性が大きな特徴になる。

バイアグラは服用してから効果が実感できるまで1時間程度の時間が必要だった。

しかしレビトラの場合は服用してから15分で効果が実感できる。
注意したいのはバイアグラと同じ保険適用外の自由診療になるので代金が高額になることだ。

そこでed薬 レビトラを検討していたほうが得策なのだ。